CLUB BREITLINGメンバー特典

チャレンジフライト2020は、快晴の秋空の中、
ブライトリングを腕に大空へテイクオフ!クラブメンバーの笑顔に包まれた。

室屋義秀選手のホームベースである「ふくしまスカイパーク」で、今年もチャレンジフライトが実施されました。
今年は、抽選で選ばれた各日5組、計10組のメンバーが、室屋義秀選手の活動拠点「ハンガー1」に全国から集まった。

世間では、新型コロナウイルスの影響により、イベントの開催中止が続いてきましたが、
新しい生活様式に合わせた、検温の実施、マスクの着用や定期的な消毒、ソーシャルディスタンス等、感染 拡大防止対策を講じた上で開催。
マスクの上からも分かるような笑顔がたくさん生まれたイベントとなりました。

室屋義秀選手のデモフライトからスタート。

紅葉に染まりつつある山々を背景に、デモフライトがスタート。チーム室屋のナレーターJUN氏の軽妙な実況の中、
レッドブルエアレース2017シーズン世界チャンピオンの華麗な飛行が繰り広げられました。
メンバーのためだけに行われた贅沢なエアショーを間近に観覧し、メンバーの興奮は高まっていきます。

今年のチャレンジフライトは、抽選により招待された10名のメンバー。

室屋選手からインストラクションを受け、フライトスーツをまとい、ヘルメットとパラシュート装着し、
ブルーのブライトリングカラーの「EXTRA330LX」に搭乗。
期待と緊張の表情を浮かべるメンバーは、ギャラリーが見守る中、大空へとテイクオフ

冠雪した雄大な福島の山々と真っ赤に染まった紅葉を上空から眺めた後、
宙返りやバレルロール、ハンマーヘッドなど、エアロバティックの技を体験。
さらに、上空では、無反射コーティングなど、腕にしたブライトリングの高い性能を実感。

実際の機体のコックピットを使ったフライトシミュレーターやフライトVRの体験、
MUROYAグッズが当たるガチャポン(お子様限定)など、室屋選手の空の世界を満喫するコンテンツ。
そして、最新のブライトリングの試着コーナーも。

参加されたメンバーと同伴者のみんなが、他では体験することのできない、
世界トップパイロットとのフライトに触れ、生涯忘れる事の出来ない一日となりました。

機械式時計の内部を知るセミナーも実施。
普段は見ることのできないブライトリングの製品哲学を体感しました。

2階のサロンエリアでは、スイス ブライトリング公認技術トレーナーによる時計技術セミナーも実施された。機械式時計の仕組みの解説を受けた後は、機械式時計ムーブメントの分解・組立に挑戦。白衣に身を包み、キズミとピンセットを操り、極小パーツに苦戦するメンバーも、組み立てたムーブメントが再び動き出すと一様に笑顔になっていました。ラウンジの窓からの雄大な山々を望みながら、時計の内部に存在する小宇宙をめぐる旅は、特別な経験となりました。

陸 海 空のすべてのフィールドでその存在を発揮しているブライトリングの圧倒的なスケール感とスピリット。
そして、精密で卓越した機械式時計の世界の両方を体験した貴重な一日となりました。
来年もチャレンジフライトの開催を期待ください。

参加者メンバー

  • 増田 様

    航空整備士をされている増田様。室屋選手からブリーフィングを受けて緊張が高まる中、一番手でテイクオフ。上空で、「じゃあ、失速させて技をします」という室屋選手からの無線に、「失速!?=墜落する」と整備士ならではの過剰反応してしまったと。もちろん機体は安全にマニューバ(技)を繰り出していました。ジェット機のアクロバットとは全く異なる、プロペラ機の機動性の高さに驚きを隠せないようでした。

    感想を見る
  • 片岡 様

    5人のお子様と一緒に参加された片岡様。子供たちからの声援を受けながら、テイクオフ。地上で見守る家族の目の前で、ロールやループなどのマニューバを体験。紅葉の山々の美しさに心が奪われたそうです。着陸後、お子様から、大空を舞ったお母さんにお花のプレゼント!。家族で帰還のお祝いをおこなう一幕がありました。

    感想を見る
  • 横井 様

    航空機の内装を製作されている横井様。内装という概念も無い、構造がむき出しの小型曲技専用機の姿に驚かれていました。前の方のフライトを間近に観て、感想を聞くにつれ、緊張も最高潮に。テイクオフ後、多彩なマニューバを体験し、緊張が徐々に楽しさに変わっていったと、満面の笑みを浮かべながら機体から降りてこられました。

    感想を見る
  • 片平 様

    これまでも何度かブライトリングのイベントにご参加いただいている片平様。ご夫婦でお申込みされ、奥様が見事に当選。憧れていたチャレンジフライトを遂に体験することになりました。緊張と嬉しさが交差する複雑な感情の中、大空へテイクオフ。雲の切れ間から光が差し込む幻想的な風景の中、空から見る地上は、これまでに全く味わったことの無い世界が広がっていたと感動されていました。

    感想を見る
  • 逸見 様

    チャレンジフライトには、過去数回応募。ついに念願のフライトが実現しました。中学生の頃から、ブライトリングに憧れを持ち、パイロットも目指していたという事だけあり、さっそうと機体に乗り込むと、余裕の表情でテイクオフ。鋭い軌跡を進む機体と世界最高峰の操縦技術を目の当たりに体感して感動されていました。パラシュートを使う事が無くて良かったと冗談が出るくらい楽しまれていました。

    感想を見る
  • 石田 様

    航空会社で旅客機のパイロットをされている石田様。ジェット機とは全く異なる機体の俊敏性に驚き、それを自在に操る室屋選手の世界トップクラスの操縦技術にも驚きを隠せないようでした。旅客機のコックピットからは見ることのできない眼下に広がる景色に感動されていました。室屋選手が使用しているフライトシミュレーターも体験。現役パイロットの操縦の腕前にチームスタッフも関心する場面も。

    感想を見る
  • 松田 様

    人生の節目にブライトリングと出会い、そしてフライトを体験された松田様。前の方のフライトを目の当たりにし、緊張の面持ちで、テイクオフ。高く澄み渡った秋空の中、縦横無尽に進む機体に中、次第に緊張は楽しさに変わっていったそうです。どこまでも続く空を自在に飛んで、少し人生観が変わったと語ってくれました。

    感想を見る
  • 吉田 様

    今回の最遠方の福岡からご参加された吉田様。これまでもビーチクリーン活動などにも積極的にご参加。今回、念願のチャレンジフライトの参加に、期待と緊張の複雑な気持ちで福島に。思っていた以上に、余裕をもって景色を観ることができた。これまでの人生で観たことの無い世界が広がっていて強く感動した。これからも、ブライトリングは自分にとってのお守りような存在だと語っていました。

    感想を見る
  • 川村 様

    ご家族でご参加された川村様。クロノマット JSP のシリアル No.1/300 の限定モデルを腕に搭乗。満面の笑みで手を振りながらテイクオフした機体は、秋の青い空に上昇していきました。奥様と娘さんの温かく見守る視線の先には、大空を自在に飛ぶ機体。上空での文字盤の視認性の良さに驚き、さすがパイロットウォッチなんだなあと感心したと笑顔で語ってくれました。

    感想を見る
  • 菊池 様

    楽しみでしょうがないと、ワクワクが止まらない様子で搭乗された菊池様。最新のクロノマットを腕に、大空へテイクオフ!2020年のラストフライトに、室屋ホイールを披露する特別プログラムを実施。着陸後、最高に楽しかった!生まれ変わったら絶対にパイロットになると宣言されていました。

    感想を見る