CLUB BREITLINGメンバー特典

チャレンジフライト2019は、快晴の秋空の中、
ブライトリングを腕に大空へテイクオフ!
クラブメンバーの笑顔と歓声に包まれた一日でした。

室屋義秀選手のホームベースである「ふくしまスカイパーク」で、今年もチャレンジフライトが実施されました。
昨年、11月にオープンした新展示場「ハンガー1」に、抽選で選ばれた全国から5組のメンバーが集まった。
搭乗体験を実施した機体は、今年の5月にデビューしたばかりのブルーのブライトリングカラーをまとった、
新機体「EXTRA330LX」。その美しい機体にメンバーの期待も高まるばかりだった。

紅葉に染まりつつある山々を背景に、デモフライトがスタート。

チーム室屋のナレーター JUN氏の軽妙な実況の中、レッドブルエアレース2017シーズン世界チャンピオンの華麗な飛行が繰り広げられました。メンバーのために行われた贅沢なエアショーを展示場2階のテラスから観覧し、メンバーの興奮は高まっていきます。

今年のチャレンジフライトは、抽選により招待された5名のメンバー。

恒例のじゃんけんにより、フライトの順番が決定すると、1番手のメンバーはすぐにフライトへ。フライトスーツをまとい、パラシュートを装着。室屋選手からインストラクションを受けると早速、機体へ搭乗。期待と緊張の表情を浮かべるメンバーは、ギャラリーが見守る中、大空へとテイクオフ!

宙返りやバレルロール、ハンマーヘッドなど、エアロバティックの技を体験。

雄大な福島の山々と街並みを上空から眺めた後、宙返りやバレルロール、ハンマーヘッドなど、エアロバティックの技を体験。
日常では味わうことのできない重力体験や眼下に広がる景色に、離陸まで緊張していたメンバーたちの表情は、笑顔に変わっていきました。他では体験することのできない、世界トップパイロットとのフライトは、生涯忘れる事の出来ない一日となりました。

機械式時計の内部を知るセミナーも実施。
普段は見ることのできない
ブライトリングの製品哲学を体感しました。

2階のサロンエリアでは、スイス ブライトリング公認技術者による時計技術セミナーも実施された。機械式時計の仕組みの解説を受けた後は、機械式時計ムーブメントの分解・組立に挑戦。白衣に身を包み、キズミとピンセットを操り、極小パーツに苦戦するメンバーも、組み立てたムーブメントが再び動き出すと一様に笑顔になっていました。ラウンジの窓からの雄大な山々を望みながら、時計の内部に存在する小宇宙をめぐる旅は、特別な経験となりました。

陸 海 空のすべてのフィールドでその存在を発揮しているブライトリングの圧倒的なスケール感とスピリット。そして、精密で卓越した機械式時計の世界の両方を体験した貴重な一日となりました。
来年もチャレンジフライトの開催を期待ください。

参加者メンバー

  • 早坂 様

    ファミリーで参加の早坂様。緊張の面持ちの中、一番手で機体に乗り込む。家族の声援を受けながら、将来、パイロットになりたいという息子さんの憧れとまなざしの中、テイクオフ!
    「きれいな景色に感動!今までに感じた事の無い感覚にだった」と地上に降りてからも、その浮遊感を楽しまれていました。息子さんは、次は自分が乗ると張り切っていました。

    感想を見る
  • 秋庭 様

    自前のつなぎを持参し挑んだ秋庭様。パラシュートを装着し、前の人のフライトを目の前に、次第に緊張が高まっていました。「所沢で室屋選手VR体験でトレーニングをしてきたから、イメージはできています!」とコックピットに乗り込みました。VRでは味わうことが出来なかった、Gや世界一の操縦技術に大興奮。地上を離れての特別な経験を一生忘れないと語っていました。

    感想を見る
  • 荒木 様

    今回のチャレンジフライトで唯一の女性。
    期待と緊張の中、テイクオフ!
    上昇を続ける機体の中、眼下に広がる景色に心を奪われたようで、「山々の紅葉や湖など上空から観る景色が美しく、感動でした」と笑顔で機体から降りてきました。
    世界トップパイロットとの上空散歩を満喫されていました。

    感想を見る
  • 守屋 様

    エアレースを観て、室屋選手、ブライトリングへ強い興味を抱き、ナビタイマーを購入。見事、念願がかなって参加した守屋様。「車の運転が好きでスピードには慣れているけど、Gは初めてで緊張します」と言って大空へ。笑顔で機体から降りてきたが「強がってます」と一言。
    これまでに味わった事の無い、疾走感とGに動揺しながらも、楽しかったと語ってくれました。

  • 高橋 様

    長年、航空自衛隊のパイロットとして戦闘機を操縦してきた高橋様。チャレンジフライト前日に晴れて定年を迎え、退職記念のラストフライトに挑みました。さすがにパイロット同士、室屋選手とも波長があったようで、エアショーさながらのフライト体験。降機後には、「曲技飛行パイロットを目指したいと思った」とこれからの人生設計をも変えてしまう発言も。特別なフライトを家族とともに体験できて最高の一日だったようです。

    感想を見る